あいさつ - 学校法人 文化長野学園 -

トップページあいさつ

あいさつ

さらなる発展を目指して

 学校法人文化長野学園は、昭和58年12月学校法人文化学園(東京)の傘下となり「文化女子大学附属長野高等学校」並びに「文化女子大学長野専門学校」の経営に当たり、爾来30余年の歴史を刻んでまいりました。この間学園も順調に発展し、社会的に高い評価を戴いておりますのも、ひとえに皆様方の温かいご理解とご厚誼の賜と深く感謝いたしております。
 さて、現在は社会全体が大きな転換点をむかえております。本学園にも多様なニーズと私学教育への期待が地域社会から寄せられており、その要請に応えるべく様々な取組みをしてまいりました。
 まず、平成23年度には校名を「文化学園長野高等学校」「文化学園長野専門学校」と変更いたしました。「文化学園長野高等学校」では、従来の女子高としての良き伝統を引き継ぐべく「女子部」の設立、もう一つの柱として、新たに男子生徒を受け入れての「共学部」を設立いたしました。地域からの要請に応えるべく、男女共学による新たな高等学校へと大きな転換を図りました。「文化学園長野専門学校」では、中千田キャンパスに新校舎を建設し、現在新校舎にて幼児教育・保育・児童福祉に携わる人材を養成しております。
 さらに、平成26年4月「文化学園長野中学校」を開校いたしました。男女共学及び6年間の中高一貫教育を最大限に生かし、高い社会力を身につけた有為な若者を育成し、高い志をもって社会に貢献できるよう特色ある教育を推進しております。同時に中学生という多感な時期を、同じキャンパス内の文化学園長野高等学校共学部・女子部生徒と一緒に行う諸活動を通し、幅広い協調性や思いやりの心を育て、コミュニケーション能力を高め、多様な価値観と多彩な才能を認め合う豊かな人間性の伸長も図ってまいります。
 今後とも、さらなる発展を目指して歩みを進めてまいります「文化学園長野中学校」「文化学園長野高等学校」「文化学園長野専門学校」へのご支援とご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

学校法人 文化長野学園 理事長 児島 則夫